アートから生じた抽象的な感覚を、グラフィックへと昇華する

アートから生じた抽象的な感覚を、グラフィックへと昇華する

美術館へ行ったり、インスタレーション作品に触れてあなたは何を感じるだろうか。感動したり、むむっと考えさせられたり、心が洗われたり、意味がわからなかったり、そこで人生がガラリと変わったりするかもしれない。

しかし、それを誰かに伝えることができるか?と聞かれると途端に難しくなる。

つい先日、旅行で豊島美術館へ行った。豊島美術館は建築家の西沢立衛と、アーティストの内藤礼によって手がけられた美術館。内部には様々な所から水が湧き出る「母型」という作品が展示してある美術館だ。

豊島美術館の俯瞰図
豊島美術館の内部。光が差し込み、水滴が数多く流れている。

ここを出た後、ある友人にこういう風なことを聞かれた。

『豊島美術館で何を感じたのか教えて欲しい』

私はハッとし、正直言葉が詰まってしまった。

私は豊島美術館の美しい空間に感動したし、心の中には心地の良い”何か”が印象に残った。しかし、それをなんと形容したら良いかわからないし、はっきりと言葉にして友人に伝えることができなかった。その場は適当に返し会話は流れてしまったが、私の中にぼんやりとわだかまりが残った。私があの空間で感じた深い感嘆はどのようにして伝えたらいいのだろうか?

そこで私は、

文章や言葉ではなく作品で表現してみてはどうか

自分が感じた”何か”を趣味であるグラフィック制作を通して表現したら伝えることができるんじゃないか

と、考えた。

小難しくタイトルには書いているが、要は上に書いたようなことである。よって試しに豊島美術館をテーマにグラフィックを制作してみることにした。

Teshima Graphics

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

以上3点を制作した。

この3点のグラフィックを通して、私の感じた”何か”が少しでも伝わると嬉しい。

“アートから生じた抽象的な感覚を、グラフィックへと昇華する” Posted first on ” Design on Medium “
Author: Rin Okuno

Author: Pawan Kumar

Leave a Reply

Close Menu
%d bloggers like this:
Skip to toolbar